墓地区画契約状況

 6月は、空梅雨といっても過言ではないほど雨が降りませんでした。ところが7月に入った途端、毎日のように雨が続き身も心も湿りがちな日々を迎えております。

  本日のべにばな霊園

そんな中、本日はかろうじて曇りの天気・・・ですが天気予報によりますと、夕方からまた雨が降り出すとのことでございます。

  A区画

さて今回は、当霊園の墓地区画の契約状況をお知らせ申し上げます。現在、A区画の空き数は66、B区画が81、C区画が31、それと一番お求めやすいD区画が26となっております。

  D区画

まだまだ空いている箇所は多数ございますが、ご希望の方は是非一度ご見学くださいませ。

  永代供養塔 やすらぎの塔

なお、永代供養塔『やすらぎの塔』のロッカーの空き数は残り7室となっております。お急ぎの方はこちらまで→023-687-4194 携帯 090-1490-5679村田

『警告 不法投棄は犯罪です』

 西日本ではこれまで経験したことのない集中豪雨に見舞われ、各地に甚大な被害をもたらしているということです。その一方、東北地方でも低い土地の浸水や河川の増水に警戒するようにとお達しが出ているようでございます。

  清流 立谷川

そこでつい先ほど、立谷川の水位を確認しましたところ・・・今のところ濁ってはいるものの若干水かさが上がっているだけ、とはいっても油断は禁物です。

 

  『警告 不法投棄は犯罪です』

ところで立谷川といえば、前回お伝えしたあの不法投棄の現場に新たな立て看板が設置されました。実はあのあと容疑者と思しき人物が現れ、その人物を問いただしたところすんなりと犯行を認めたのです。そこで「金輪際ここにゴミを捨てなければ目をつむりましょう。その代わり、この辺に散らかっているゴミはすべて持ち帰ってください」と忠告したところ、その人物は猛省の意を込めてか辺り一帯のゴミを一つ残らず持ち帰っていきました。その後、県の計らいで『警告 不法投棄は犯罪です』という看板が掲げられたのです。それからというもの、この川の辺は見違えるようにきれいになったのでございます。

待望の雨

 コロナ騒ぎに振り回されているうちに、いつの間にか半年が過ぎてしまいました。いよいよ今日から7月のはじまりでございます。

  本日のべにばな霊園

さて本日は、未明から待望の雨が降り続いております。何しろ久方ぶりの雨ですから、当霊園周辺に自生している樹木や草花は諸手を挙げて喜んでいるようでございます。

  清流 立谷川

一方こちらは清流『立谷川』、ついこの間までは渇水が続いておりましたが、この度の雨でほんの少しですが水かさが上がったように感じられます。ちなみに天気予報では、ここ数日間は雨模様の天気が続くようでございます。お出かけの際は傘を忘れずに!

川を汚すな!

  清流 立谷川

当霊園のすぐそばを流れている立谷川では、数年前から不法投棄が後を絶たず非常に困惑しているところです。

  ペットの糞尿が入ったビニール袋

空き缶やたばこの吸い殻、中にはペットの糞尿が入ったビニール袋までが大量に捨てられております。

  家庭用のゴミを燃やした跡

さらにはわざわざ家庭用のゴミを持ち込み、その場で燃やしていく不届き物も・・・。

  放火現場

そういえば一昨日の早朝、この付近を散歩中の人が煙が出ているのを目撃し、即刻119番に通報したそうです。その後、消防車やパトカー、さらには報道カメラマンが駆け付け一時は大騒ぎになったというじゃありませんか。関係者の話によると、この件に関しては放火罪となりうる可能性があるということですが、どうしてこんなことをするのか気が知りません。

それはそうと、この川の辺では春になれば芝桜、秋にはキバナコスモスが咲き、訪れる人たちの目を楽しませてくれます。それを知っていながらこんな悪行を重ねるとは、迷惑千万この上なし・・・ということで、近々当局が動き出すということでございます。

雑草除去に追われる毎日

立谷川

梅雨入りしてから1週間が経過した山形県内ですが、未だにまとまった雨が降らず、先週もお伝えした立谷川はすでに流れが止まった状態が続いております。はびこる雑草

その一方では、雑草が否応なしに顔を出し手を焼いておりまして、毎日のように草刈りや除草剤散布に時間を費やしております。

本日のべにばな霊園

その甲斐あって、当霊園の敷地内には雑草が見当たりません。ちなみに雑草を除去した部分には、毎年恒例のキバナコスモスの種を蒔く予定でございます。それを蒔く時期は7月はじめ頃、そして一番見頃を迎えるのは、おそらくお盆過ぎになるかと思われます。その時期が近づきましたら、またお伝え申し上げます。

一難去ってまた一難

 まだ6月だというのに、近頃は暑い日が続いておりまして・・・。

  立谷川は渇水状態

おまけに雨がさっぱり降らず・・・そのせいで立谷川は今にも干上がりそうな状態となっております。

  水不足

ちょっとこの間までは新型コロナで大騒ぎしていたと思ったら、今度は水不足に苛まれ・・・次から次へと押し寄せてくる災難、それにしてもいつになったら穏やかな日々がやって来るのでしょうか。こうなったら神にすがるしかありませんね。

怪我を負ったニホンカモシカ

   ニホンカモシカ

昨日の昼下がり、ひょっこりとニホンカモシカが現れお墓の周りうろちょろ・・・。

  おぼつかない足取り 

てっきりお墓参りにでも来たのかなと思いきや、足早に裏山の方へと移動してしまいました。ただ、その走り方が何となく不自然・・・よく見ると、後ろ足に怪我を負っているじゃありませんか。

  痛々しい姿

いったいどうしたのでしょうか?・・・と尋ねても言葉は通じないし、治してやりたいけどそれもできないし。

  急斜面を攀じ登るカモシカ

そうしているうちに、カモシカは自力で裏山の斜面を駆け上っていってしまいました。なんとか生き延びて欲しいものでございます。

緊急事態宣言 解除

   原木シイタケ

つい先ほど、当霊園の裏側にあるキノコ畑でシイタケを収穫してきました。

  ワラビ

それと天然ワラビを一掴みほど・・・それらは前回お伝えしたタラノメ同様、お墓参りやご契約に訪れた方々にお裾分けしております。

  本日のべにばな霊園

ところでそのお墓参りやご契約者の方々のことですが、この度のコロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が解除されてからというもの、その数は急激に増え驚いてところでございます。それまでは外出自粛の日々が続き、当霊園も閑古鳥が鳴いておりましたが、ここにきて以前のようなの明るさが戻りつつあるよう見受けられます。しかし、コロナが消滅した訳ではございません。どうか気を緩めず日々をお過ごしくださいませ。

タラノメ栽培

 昨日に引き続き、本日もまた雨模様でございます。

  本日のべにばな霊園

そのせいか、午前中にお墓参りに訪れた方はたった一組でございました。

  タラの木の苗を移植

そんな雨の中、つい先ほどまでタラの木の苗の移植に精を出しておりました。では、その苗はどこから持ってきたかというと・・・。

  タラの木

実は管理事務所裏の畑には数年前から育てているタラの木がありまして、それが月日が経つにつれ見る見るうちに成長し、その根っこは地中でどんどんと繁殖。

  こんなところからも

挙句の果ては所構わず芽を出している始末、それが大木になったら手に負えなくなるばかり。

  植え替えた苗

そこで今回、このように土手沿いに沿って植え替えたのでございます。

  タラノメ

ちなみにこの木は、山菜の代表格である『タラノメ』の木・・・今年はもう時期が外れましたが、来季にはお墓参りに訪れた方々にお裾分けしようと考えております。

新型コロナウイルス 早期収束を願う

  立谷川の芝桜

立谷川の芝桜は、見頃の終盤を迎えたのか色あせ始めております。そのせいか、立谷川の辺には人っ子一人歩いてはいません。もっとも本日は、予報が晴れにもかかわらず小雨交じりの強風が吹いておりましたので、お花見という雰囲気ではないようでございます。

  本日のべにばな霊園

一方べにばな霊園もこの通り、まるで時が止まったかのような静寂さに包まれ、唯一聞こえてくるのは鳥たちのさえずりだけでございます。ところで今朝の地元新聞に目を通したところ、「県内新たな感染者なし、9日連続」、それと「緊急事態宣言一部解除は「妥当」吉村知事、県民の協力に感謝」という見出しが載っておりましたが、それにしても長かったですね、このコロナ騒ぎ。といっても油断はできませんが、とにかく早く収束してほしいものでございます。そうなれば、このべにばな霊園にもたくさんの人たちがお墓参りに訪れることでしょう。

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195