まもなく秋彼岸でございます

   本日のべにばな霊園

当霊園に咲いているキバナコスモスですが、そろそろ終盤を迎えたようでございます。

  散り始めたキバナコスモス

近付けば、その花びらは数えるほど・・・ついこの間までは盛んに咲いていたのに、それにしても花の命は短いものでございます。 

  キクイモの花

それに代わって、敷地内の一角には今、キクイモの花が見事に咲いております。 ちなみにこのキクイモというのは、ヒマワリ属の多年草でアメリカ原産の外来種だそうです。

  動力噴霧器  

それはさておき、今週の土曜日からは早いもので秋彼岸でございます。それに伴いまして、本日は区画内にはびこっている雑草除去のため除草剤散布を行いました。

  除草剤散布

お彼岸中にはたくさんの人たちがお墓参りに訪れます。だったら尚更のこと、お墓の周りはきれいにしておかなければなりません。

暑さ寒さも彼岸まで

  本日は猛暑日

9月に入ってから1週間が経過しましたが、今もなお残暑厳しく気温は毎日30℃を超える夏日が続いております。いったいいつになったら涼しくなるんだろうと首を傾げているところでございますが、この分だとあと2週間は続くでしょうか・・巷ではよく「暑さ寒さも彼岸まで」とおっしゃってますから。

  墓石工事

そんなうだるような暑さの中、当霊園ではお彼岸に向けての墓石工事が始まっております。

  巨大パラソル

何しろお彼岸まではあと10日ちょっと、たとえ暑くても完成させなければなりません。とはいっても職人さんたちも生身の体、熱中症防止対策を万全にして工事に取り掛かって欲しいものでございます。

今日から9月

  立谷川のキバナコスモス

前回もお伝えした立谷川のキバナコスモスですが、今もなお美しく咲き続け、訪れる人たちの目を楽しませているようでございます。

  某テレビ局

こうした中、今朝はテレビ局や新聞社のカメラマンがその光景をいろんな角度から写真に収めておりました。ひょっとしたらその写真、夕方のニュースや明日の朝刊にでも掲載されるのでしょうか。

  秋の風物詩 キバナコスモス

さて、いよいよ今日から9月・・・たまたまなのか、本日はどこからともなく秋風が吹いているようでございます。

立谷川のキバナコスモス

  清流 立谷川

清流『立谷川』の辺では今、キバナコスモスが勢いよく咲いております。

  キバナコスモス

大森赤石橋下流もこの通り、右岸にも左岸にもオレンジ色の花がいっぱい・・・。

  本日のべにばな霊園

当霊園の小高い丘にも、少しずつですがその花が咲き始めております。ちなみにそのピークの時期は、この調子でいきますとおそらく9月10日頃までかと予想されます。皆様、是非お立ち寄りくださいませ。

お盆のあとの静けさ

  本日のべにばな霊園

お盆もあっという間に過ぎ、本日のべにばな霊園は静かそのものでございます。

  お盆当日

お盆当日は、そりゃもうたくさんの人たちがお墓参りに訪れ、墓前に花を飾ってはご先祖様に手を合わせておりました。

  回収作業

それから幾日か経ちますと、せっかくの美しい花たちも元気を失ってしまうものです。今朝はそのしおれた花の回収や清掃に大わらわ、それもこれも自分の役割と思って作業に取り掛かっておりました。みなさまが気持ちよくお参りができますように・・・。

 

いよいよお盆でございます

  本日のべにばな霊園

お盆を明日に控え、本日は朝早くからたくさんの人たちがお墓掃除に精を出しておりました。

  ピッカピカになったお墓

きれいに磨き終えたお墓は、そりゃもう新品同様・・・あとは13日のお盆参りだけでございます。ところがここにきて、巷ではまたコロナ感染が広がり里帰りもできなけなければ、ご先祖様に手を合わせることもできない方々がいると聞いております。そんなことでお盆期間中の新幹線はガラガラだということですが、それにしても大変な世の中になったものでございますね。

  キバナコスモス

そんな中当霊園では今、キバナコスモスが勢いよく咲き始めたところでございます。

時代が変われば形も変わる

 ついこの間、山形県内も梅雨が明けたということですが、それからというものうだるような暑さが続いているようでございます。

  本日のべにばな霊園

本日もまた30℃を超える真夏日という予報ですが、まあ夏だから仕方ありません。

  只今工事中

そんな暑さの中、当霊園では前にもお伝えしたように墓石工事が盛んに行われております。

  斬新なデザイン

ちなみに、これはつい先ほど完成ばかりのお墓でございまして、その斬新なデザインは一際目を引く拘りとなっているようでございます。設計施工『ムラタ企画』

やはり時代が変われば、お墓のデザインもそれなりに変わるのものでござますね。

山形県内を襲った集中豪雨

 山形県内を襲った集中豪雨・・・。

  濁流と化した立谷川

当霊園のすぐそばを流れる立谷川も例外ではなく、昨日は「ゴーゴー」と音を立てながら濁流が流れておりました。丁度その時間帯、一本の電話が入りました。誰かと思いきや一人のご契約さまから・・・その内容は「うちのお墓は大丈夫ですか?」と。

  今朝の立谷川

それから一夜明け、その立谷川も少しずつですが落ち着きを取り戻してきたようでございます。

  本日のべにばな霊園

一方当霊園は、一時はどうなるかことかと心配しましたが、おかげさまで何の被害もございませんでした。それにしても驚きましたね、今回の大雨は・・・。

お盆を前にして

  墓石工事

当霊園内では今、墓石工事が急ピッチで行われております。何しろあと1ヵ月も経たないうちにお盆がやってきますので、それまでには何が何でも完成させなければなりません。

  基礎工事

そんなこんなで、職人さんたちは手を休めることなく工事に取り掛かっております。

  墓石の部材

ちなみにその部材は敷地内の一角に山積みになっておりますが、これらはほんの一部でございまして、これからもまた次々と運ばれてくる予定です。ところで最近、関東地区の方ではまたコロナ感染が広がっているようでございますが、こんなんじゃお盆休みの里帰りもできなければ、ご先祖様に手を合わすこともできません・・・とにかく、早く収まって欲しいものでございます。

墓地区画契約状況

 6月は、空梅雨といっても過言ではないほど雨が降りませんでした。ところが7月に入った途端、毎日のように雨が続き身も心も湿りがちな日々を迎えております。

  本日のべにばな霊園

そんな中、本日はかろうじて曇りの天気・・・ですが天気予報によりますと、夕方からまた雨が降り出すとのことでございます。

  A区画

さて今回は、当霊園の墓地区画の契約状況をお知らせ申し上げます。現在、A区画の空き数は66、B区画が81、C区画が31、それと一番お求めやすいD区画が26となっております。

  D区画

まだまだ空いている箇所は多数ございますが、ご希望の方は是非一度ご見学くださいませ。

  永代供養塔 やすらぎの塔

なお、永代供養塔『やすらぎの塔』のロッカーの空き数は残り7室となっております。お急ぎの方はこちらまで→023-687-4194 携帯 090-1490-5679村田

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195