耳よりの情報

 小雪舞い散る中、今朝も早から雪片付けをしておりました。

D区画

それで今回はどこの雪を片付けていたかと申しますと、当霊園内のD区画の周り・・・。

雪片付け中

実はこのD区画、これまでは20区画の墓地分譲となっておりましたが、好評の末残り2区画となってしまいました。そこでこの度、追加で38区画を造成することになりました。予定としては3月末~4月はじめ頃の完成と考えております。

D区画 追加墓地分譲予定地

ところが、いち早く工事を始められるようにするには、このどっさり積もった雪を何とせにゃなりません。何しろ今シーズンの冬は雪が多いのに加えてめっぽう寒く、雪が消えるのも遅いはず。だったら今のうちに、こうやって雪を片付けておけば、春が訪れるのも早いし工事を進めるにしても都合がいいのでございます。

D区画 墓地造成計画図

ちなみにこのD区画の価格は、今まで通り墓地+墓石=100万円と120万円の2種類をご用意しております。何分にも数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにご相談くださいませ。

四季の移ろい

 今回の連休は、こともあろうにずっと雪の日が続き、ゆっくり休むどころか暇なし雪掻きに追われておりました。

本日のべにばな霊園

本日も同じく、朝早くから駐車場の除雪・・・それにしても、今年の冬はなんと雪が多いことでしょう。立春が過ぎたというのに未だに冬将軍は居座っているようでございますが、こういう日が続くと、尚更のこと春が待ち遠しいものでございます。

除雪を終えた駐車場

ところで人間は勝手なものでございまして、暑い夏の季節には早く涼しくなればいいのにとぼやき、寒い冬が続くと今度は早く暖かくなればいいのにと言い出す。まあそれが四季折々というものでございまして、一年を4等分して、その季節の移ろいを肌で感じるのも情緒があって面白いのかもしれませんね。

そんなことを考えていたら、いつの間にか駐車場は、きれいさっぱり雪がなくなってしまいました。

雪の散歩道

  立谷川の辺

昨日、立谷川の辺に『冬の散歩道』を造ってみようと思い除雪いたしました。ご覧の通り現在の積雪は50cm以上もあり、たとえ除雪車でも中々前に進めず悪戦苦闘。ややもすれば、除雪車だって動けなくなりそうなほどの雪深さでございました。

  深みにハマった

その途中、案の定深みにハマり立ち往生・・・にっちもさっちもいかない状態になってしまいました。

  脱出成功

さてどうしましょう、誰か助けてくれといっても山の中・・・ここはひとつ、自力で脱出するほかないという訳で、たった一人スコップで除雪車の周りを掘り起こしました。その結果、無事に脱出することができたのでございます。その後、作業を再開しようと思いましたが、またハマったら大変だということでその日は断念。

  今日もまた

そして翌日(本日)、雪が締まっているうちにということで、朝早くから作業を再開致しました。

  雪の散歩道 開通

それがつい先ほど、ようやく開通致しました。まあそんな訳でございまして、今、ホッと胸を撫で下ろしているところでございます。

雪降り止まず

 今週に入ってからというもの休みなく降り続いている雪、それは解けてなくなることもなくずんずんと積み重なっております。

雪に埋もれたべにばな霊園

ご覧の通り、当霊園でもお墓が埋もれてしまうほど雪が積もってしまいました。

除雪開始

まあそんな訳でございまして、連日朝から夕方まで除雪をやっております。おかげさまで、肩は凝るやら腰は痛いやらで四苦八苦しております。

積み上げ作業

ところでその集めた雪はどうするかと申しますと、駐車場の一角に高く積み上げます。今冬は例年になく雪が多いもんですから、こうでもしないとたちまちいっぱいになってしまうのでございます。

雪降り止まず

ついさっき、やっと除雪作業を終えたばかりでございます。ですが未だに雪降り止まず、後ろを振り向けばまた雪が積もっていたのでございます。

本日はお日柄もよろしく・・・。

 お正月もあっという間に過ぎ去り、いつも通りの生活に戻りつつある今日この頃でございます。

清流『立谷川』

さて本日はお日柄もよろしく、おまけに気温も暖かく、川の流れも水温むといった雰囲気でございます。

本日のべにばな霊園

当霊園も先日とは打って変わって、駐車場にはまったく雪がありません。

天気が良いと気分も良良い

ただ、お墓の周りだけはまだ残っておりますが、それでもお墓参りに来られる方々は後を絶たないようでございます。やっぱり天気が良いと、身も心も晴々とするもんですね。さらに、ご先祖様に手を合わせると、もっと気分が良くなるものでございます。

新年明けましておめでとうございます

  

年が明けて6日目、本日は当霊園の仕事始め・・・。

   仕事始め

ということで、さっそく霊園内の除雪作業開始を始めました。

   新年明けましておめでとうございます 

あらためまして、新年あけましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情をいただきありがとうございます。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

来年もどうぞよろしく!

 強い冬型の気圧配置が続く県内では、昨日今日と絶え間なく雪が降り続いておりまして、その影響で公共交通機関が大きく乱れているようでございます。

  雪に埋もれたべにばな霊園

一方当霊園はと言いますと、これまた大変なことになっておりまして、敷地全体が雪に埋もれている状態でございます。

  自然の造形美

御覧の通り、お墓の天辺には40cm以上もの雪が積もっておりまして、それがまた自然の造形美とでも申しましょうか、とてもユニークな形をしておりました。

  除雪作業

さて本日は、朝からずっと除雪作業に追われておりまして、ちょっとさっきそれが終わったばかりでございます。

  山積みになった雪

こんな日には誰一人訪ねてくる方もおりませんが、当霊園としてはいつ何時お墓参りに来られてもいい様に万全を期しております。

ところで、早いもので今年もあとわずかとなりましたが、この一年、皆々様には大変お世話になりありがとうございました。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。また来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始休暇のお知らせ

  立谷川の辺

つい今しがた、立谷川の辺を一回りしてきました。ちょっとこの間まで、このあたりにはイノシシが掘り起こした穴が無数にありましたが、今ではそれも雪に隠れ白一色となっております。

  野生動物の足跡

それに代わって、その雪の上にはほかの動物の足跡が至る所に残っております。よく見ると、それらはキツネやウサギといった野生動物の足跡。

  キツネの足跡

ちなみにこの足跡はキツネ・・・足跡が一直線上に並ぶのが特徴です。これを見て分かる通り、野生の動物たちは今、厳しい冬を過ごすための食糧探しに大わらわのようでございます。

  本日のべに花霊園

ところで、この時期は人間社会においても年末年始に向けて大わらわのようでございまして、道行く人々の足取りも慌ただしく感じられます。さて、それにちなみまして、当霊園では年末年始休暇を設けさせて頂いております。期間は平成29年12月30日~平成30年1月5日までとなっております。誠に勝手ではございますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

いつもきれいに!

 この冬最強の寒波が到来したということで、山形県内各地は12日未明から大雪に見舞われているようでございます。

昨日のべにばな霊園

ご多分に漏れず、当霊園も昨日から雪が降り続いておりまして、辺り一面は雪に覆われております。

除雪作業

そうなると除雪車の出番でござます。昨日は、早朝から除雪作業に掛かりっきりでございました。

本日のべに花霊園

そして翌日(本日)、またしても朝から除雪作業・・・降っては除雪、その繰り返しでござます。

1台の車

そして作業が終わりかけた頃、1台の車が駐車場に止まりました。どうやらその車は、お墓参りに来られたお客様のもの・・・声をかけたところ「今日は休みだったのでお参りに来ました」とのこと。実はこのお客様、庄内は鶴岡に住んでいらっしゃるお方で、月命日には必ずといってお墓参りに来られます。そういう人たちのためにも、駐車場はいつもきれいにしておきたいものでござます。

只今、カレンダーを進呈中

忙しく時計の動く師走かな・・・これはあの有名な歌人「正岡子規」の句でございますが、早いもので今年も残すところあとわずかとなりました。

雪のべにばな霊園

さて本日の『べにばな霊園』でございますが、朝から淡い雪が降り続き、ひっそりと静まり返っております。

寒々とした景色

そんな寒々とした景色の中、つい先ほどお墓参りに来られた方がおりました。おそらく、ご先祖様の月命日でしょうか。感心なことでございますね。

来年のカレンダー

ところで当霊園では今、ご来園されたお客様に『ムラタ企画』の特製カレンダーを差し上げております。来年の干支は戌年、是非このカレンダーをお使いくださいませ。それではまた。

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195