お盆でございます

  お盆参り

お盆を迎えまして、当霊園には朝早くからたくさんの方々がお墓参りに訪れております。何しろ今年の夏は猛暑続き、その暑さを避けるためには涼しいうちにということなんでしょう。

  献花

その証拠に、ご先祖様のお墓にはきれいなお花が飾られております。

  永代供養塔『やすらぎの塔』

ところで当霊園の永代供養塔『やすらぎの塔』ですが、お盆期間中はいつでもお参りができますよう開放しております。

  ご自由にどうぞ

また、管理事務所前にはテントを設営しております、そこには冷たい麦茶もご用意してありますのでご自由にお召し上がりくださいませ。うだるような暑さの毎日ではございますが、お盆が過ぎますとどこからともなく秋風が吹いてくるものでございます。どうぞご自愛くださいませ。

早くもキバナコスモスが・・・

 ついこの間、梅雨が明けたと思ったら・・・今度は連日の猛暑に襲われ悲鳴を上げているところでございます。

  本日のべにばな霊園

そんなうだるような暑さの中、今朝は早から敷地内の環境整備に追われておりました。しおれた献花を回収したり、そうかと思えば芝生の手入れをしたりと、汗びっしょりになりながら動き回っておりました。

  環境整備

何しろあと10日後にはお盆がやってきます。お盆といえばご先祖様の霊が帰ってくる日、だったら尚更のこと環境を整えておかなければなりません。

  キバナコスモス

ところで、当霊園の一角には早くも秋の風物詩『キバナコスモス』が顔を出し始めております。これは6月の下旬に蒔いた種が発芽したものですが、幸いにして、その後は適度に雨が降ってくれたおかげで根付き具合が非常に良いようでございます。

  清流 立谷川

一方こちらは立谷川、今年はその河川敷にも大量のキバナコスモスの種を蒔きましたので、開花時期(8月末)にはそれはもう見事に咲き誇ることでしょう。

永代供養塔の空き情報

  ひまわり畑

前回もお伝えしました当霊園の『ひまわり畑』ですが、今はもう真っ盛りでございまして、立谷川の辺を彩るように勢いよく咲いております。この花が咲きますと、いよいよ夏本番でございます。

  本日のべにばな霊園

さて本日のべにばな霊園はと申しますと、午前中は納骨の儀式が執り行われたり、また午後からは永代供養塔のご契約者様のお相手をしたりと何かと忙しく動き回っておりました。やっぱりお盆が近づいてまいりますと、何となく慌ただしく感じるものでございます。

  永代供養塔『やすらぎの塔』

ところで、近頃はその永代供養塔が非常に人気がありまして、それをお求めになる方々が増えているようでございます。

  永代供養塔の室内

現在、この供養塔の室内にはロッカー式納骨室が90室ございますが、すでに59室が契約済みでございまして残りはわずか31室になってしまいました。ちなみにこのロッカー式納骨室には、お遺骨を7年間保管できます。それが過ぎますと、お遺骨は地下の納骨堂に移動することになります。その間は、この室内で納骨式や法要を執り行うことも可能です。時代の流れでございましょうか、今や終の棲家もマンション形式になりつつあるようでございます。

 

夏の風物詩『ひまわり』

   本日のべにばな霊園

そろそろ梅雨が明けてもいいのではと思っているところでございますが、なかなかそうはいかないのが現実でございまして、本日もまた小雨交じりのどんよりとした天気でございます。

   夏の風物詩『ひまわり』

ところで当霊園内では今、夏の風物詩『ひまわり』がやっと咲き始めまして心をわくわくさせているところでございます。

   まだ咲き始め

まだ咲き始めたばかりのひまわりですが、今年は適度に雨が降ったおかげですくすくと成長しているようでございます。

   全長 80mのひまわり畑

ちなみに本格的な見頃を迎えるのは8月中頃からでしょうか・・・その折には是非ご来園くださいませ。

悲しい知らせ

  生後4ヵ月頃のサブちゃん

1月31日の投稿でご紹介しました当霊園の看板猫『サブちゃん』がこの度、亡くなったことをご報告申し上げます。実は、このサブちゃんは5月の連休の頃から体調を崩し、それからというものずっと病院で治療を受けておりました。その病名とは『コロナウィルス』いうもので、さらにそれが悪化し『猫伝染性腹膜炎(FIP)』という猫特有の不治の病に感染してしまったのです。

  元気がなくなったサブちゃん

それからというものサブちゃんは全く元気がなく、歩くのでさえやっとの状態が続きました。それから約2ヵ月が過ぎ、6月29日の夕方6時35分、残念ながらサブちゃんは帰らぬ猫となってしまいました。

  元気だった頃のサブちゃん

「サブちゃん、サブちゃん」と生前はたくさんの方々から声をかけられ、そしてまた可愛がっていただきました。それもつかの間、こんなことになるとは夢にも思いませんでした。

短い間でしたけれども、本当にお世話になりました。サブに代わって御礼申し上げます。

愛猫『サブ』 令和元年6月29日 午後6時35分 永眠 享年10ヶ月

花咲かじいさん

  掘り起こされた痕跡 

今朝早く園内をぐるりと一回りしてきたところ、何者かの手によって掘り起こされた痕跡を見つけました。

  倒れそうなニセアカシア

その場所はニセアカシヤの根っこの部分で、ややもすればその木が倒れてしまいそうなほど深くえぐられておりました。その状況からみて犯人は紛れもなく『イノシシ』・・・ではなぜそんなことをするのかというと、その場所を棲みかとしているミミズ、あるいはカエルやトカゲといった小動物を捕獲するためなのです。ちなみにイノシシは雑食で、そのほか農家の人たちが手塩にかけて作った作物をも食い荒らす害獣ですが、年々その数は増えるばかりで手に負えない状態が続いているようです。ここ最近は姿を現すこともなくホッとしていたところですが、これを機にまたやってくるのかと思うとうんざり致します。まったく困ったものでございますね。

  コスモスの種まき

ところで、当霊園では毎年今頃になると『キバナコスモス』の種蒔きを行います。その場所は敷地内にある丘の斜面でございまして、今回はその全面に種を蒔いた次第でございます。

  キバナコスモスの種

その種というのがこちらでございまして、これは昨年の秋に収穫したもの。

  土手の斜面

つい先ほど、その作業がやっと終わったところでございますが、この仕事をするとなぜか『花咲かじいさん』になったような気分がいたします。

天災は忘れた頃にやってくる

 梅雨入りしてからというもの、はっきりしない天気が続いております。

  本日のべにばな霊園

あいにく本日もまた朝早くから雨が降り続いておりますが、そのせいか当霊園には参拝者の姿もなく、いつになく静まり返っております。

ところで昨日の夜10時過ぎ頃、睡眠中に大きな揺れを感じて飛び起きました。それと同時に携帯からはブザー音が鳴るし、テレビでは各チャンネルから地震情報が流れ始めました。それによると、その震源地はこともあろうに山形県沖だというじゃありませんか。幸いにして内陸部は震度4程度でこれといった被害はありませんでしたが、いの一番に心配だったのが当霊園に並んでいるお墓。それが気になり、つい先ほど確認したところでございますが、何一つ被害はありませんでした。それにしても、びっくり致しました。やっぱり「天災は忘れた頃にやってくる」ものなんですね。

お墓のお手入れ法

 本日は朝からどんよりとした雲が立ち込めておりまして、いつ雨が降ってくるのかと心配しているところでございます。

  本日のべにばな霊園

そのせいか、お参りに来られる方々も少なくひっそり閑としております。

  べにばな霊園墓地区画

ところで、当霊園の区画に並んでおりますお墓は、どれをとってもきれいなお墓ばかりでございます。ではなぜそうなのかと申しますと、それは言うまでもなく家族の方々がしっかりとおれ入れをしているからでございます。

  手入れの行き届いた

ちなみにこのお墓のお手入れ法とは、そんなに難しいことではありません。お参りに訪れた際、濡れたタオルで石の表面についた汚れをふき取る、ただそれだけでいいのです。それを怠ると、汚れが石にこびり付き、変色または劣化の原因にもつながります。 

 お墓を末永く保つためには

なお、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

駐車場のライン引き塗装

  ライン引き

先週の土曜日から、スタッフ一同で当霊園駐車場のライン引き塗装に精を出しておりました。

  作業終了後

おかげさまで昨日、その作業が終了いたしましたことをご報告申し上げます。

  素人仕上げ

ところがよく見ると、そのラインはくねくと蛇行してるじゃありませんか。でも仕方ありません、何しろ素人がやってるもんですから・・・。要は、車がきちんと駐車できればいいのでございます。

  名峰『月山』

それにしても、本日はことのほか爽やかでございます。ひょっとしたら、一生懸命働いたからでしょうか。

防犯カメラを設置

 3日前、当霊園の事務所裏に生後間もない2匹の子猫が捨てられていました。おそらく、誰かが捨てていったのでしょうが、それにしてもどうしてこんな無責任なことを・・・。

  生後間もない捨て猫

とにかく、このままにしておいては可哀そうだということで、その子猫たちを保護しようとしましたが、いかんせん逃げ回るばかりでどうにもなりませんでした。

  保護された子猫たち

そうしたところへ救世主が現れました。その方というのが、実はボランティア団体『立谷川の花さかじいさん』の代表を務めている『Ⅿさん』の奥様でございまして、その奥様は現在5匹の猫を飼っていることから猫の扱い方はお手の物。そこでさっそく、その子猫たちを保護し引き取ってくださいました。ところが昨日、残念なことに1匹の子猫が亡くなったという知らせが届きました。さらにまた、つい先ほどもう1匹の子猫が危ない状態だということを聞かされました。なんて悲しいことでしょう・・・もしその子猫たちが親元を離れずにいたならば生きていたかもしれない。そう思うと、何だかいたたまれない気持ちでいっぱいでございます。

  防犯カメラ

ところで最近、当霊園内には不法侵入者が後を絶たず困っております。夜間には暴走族らしき輩が集まり、たばこの吸い殻や空き缶を捨てていく。そうかと思えば布団や空き瓶などの不法棄、とにかく目が離せない状態が続いております。そこでこの度、防犯カメラを設置することに致しました。皆様のご先祖様を預かっている以上、やむを得ない措置でございます。ご協力、宜しくお願い申し上げます。

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195