今冬初の除雪作業

 今年は暖冬という噂がささやかれておりましたが、ところがどっこい時期が来ればやっぱり雪は降るものでございますね。

  雪化粧

さて今朝のべにばな霊園は10数センチほど雪が積もりまして、辺り一面は雪化粧となっております。

  除雪作業開始

そこで早速、除雪作業・・・まずは入り口からスタート。

  参道の除雪

次は参道の除雪。

  終了

約1時間後、無事に除雪作業が終了いたしました。ちなみに今回の除雪作業は今冬初でございますが、これからは雪が降るたびに除雪をしなければなりません。気持ちよくお墓参りができるように・・・。

猪突猛進

 当霊園にイノシシが現れるようになってからというもの、敷地のあちこちには無数の荒らした跡が残っておりまして、その数は増える一方で困り果てております。それじゃなぜそんなことをするかというと、イノシシはミミズが大好物でして、それを捕食するために土を掘り起こしているようでございます。

    罠を設置

そこでこの度、猟友会の皆さんがイノシシの罠を仕掛けてくれました。

    くくり罠

その罠というのがコレでして、『くくり罠』といいます。

    イノシシが逃げ去った跡

ところがその罠を仕掛けたはいいものの、まったくイノシシは掛かりません。というか、その罠に掛かっても簡単に外して逃げてしまうようです。

    またもやイノシシが荒らした跡

本日、園内を歩き回ってみたところ、今度は別の場所にまた荒らした跡が見受けられました。ということは、イノシシは罠を仕掛けた場所には近寄らずエサを探しているということ。それにしても、イノシシという動物はどうしてこう賢いんでしょうかね。そういや来年の干支は『亥(イノシシ)』でございますね。

寒空の下にも花が咲く

  本日のべにばな霊園

べにばな霊園の周辺もいつの間にか紅葉も終わり、今では殺風景な景色が目に映るばかりでございます。

  墓前にて

そんな寒々とした光景の中にも、当園のお墓には生き生きとしたきれいな花が咲いております。

  寒空の下にも花が咲く

当園にお墓を建立されたか方々の中には、感心なことに月命日となると必ずといってお墓参りに訪れるご家族がいらっしゃいまして、それが証拠に墓前にはきれいな花が添えられております。これぞまさしく「ご先祖様を供養する」でございますね。ところで当園では、冬期間でも気持ちよくお参りができるようにと、駐車場はもちろんのこと参道も除雪を行なっております。お参りの際は、是非お声掛けくださいませ。熱いコーヒーをご用意してますから・・・。

イノシシ対策

  本日のべにばな霊園

ついこの間までは墓石工事が盛んに行われていたべにばな霊園ですが、今ではそれも滞りなく終わり、今日は鳥の鳴き声がはっきりと聞こえるほど静まり返っております。

  環境整備

こうした中、本日は重機のエンジン音を響かせながら敷地内の環境整備に取り掛かっておりました。実は最近、この場所にはまたイノシシが出没するようになり、めちゃくちゃに荒らしていくもんですからほとほと手を焼いているところでございまして・・・。

  作業終了

今こうやって、重機を使ってその後始末をやっているところでございます。ところでこのイノシシですが、近頃はその頭数が目まぐるしく増えておりまして、近隣の野菜畑や果樹畑の多くがその被害を受けております。農家の人たちも「人が手塩にかけて作ってるというのに・・・」と怒り心頭のようでございます。

  イノシシが出没する当園管理のキノコの森

そこで、近々この周辺にも猟友会の皆さんの手で罠が設置されることになりましたが、イノシシの被害を防ぐにはやむを得ない措置なのでしょう。もっと別の手段があれば、イノシシも命を落とすことがないのに・・・。

今日から11月

 今朝の最低気温は9℃、そのせいか我が家で飼っている子猫はわたくしの寝床に潜り込んでおりました。よっぽど寒かったのでしょうね。

雪化粧した名峰『月山』

それで、つい先ほど立谷川の辺を散策していましたら、遠くに見える名峰『月山』の頂には雪が積もっておりました。どうりで寒い訳でございます。

本日のべにばな霊園

さて、今日から11月・・・ということは今年も残すところ2ヵ月となりましたが、この時期を迎えると何となく侘しく感じるもの、ましてやこの季節、これから雪が降るかと思うと尚更のことでございます。どうぞ皆さま、お風邪などを召されませぬようくれぐれもご自愛くださいませ。

べにばな霊園 近況の報告

  本日のべにばな霊園

朝晩の気温も下がり、一段と秋らしくなってきた今日この頃・・・当霊園から望む遠くの山々も、いつの間にか色づき始めております。

  墓石工事

こうした中、園内では墓石工事が盛んに行われております。あと1ヵ月もすれば、この辺一帯にも雪がちらほらと舞い降りてきます。それまでには是が非でも工事を完了させなければということで、今は職人さんたちも大忙しでございます。

  最前列区画

ところで園内の墓地区画(A区画)ですが、おかげさまで最前列はすべてご契約済みとなりました。と申しましても数にまだ余裕がございますので 、ご見学される方はお電話にてお問合せください。

  永代供養塔『やすらぎの塔』

そのほか永代供養塔『やすらぎの塔』では、ロッカー式が50室ほど空きがございます。詳しくは当霊園までご連絡くださいませ。

公益社団法人 べにばな霊園 023-687-4194 

        担当 村田 090-1490-5679

秋本番

  本日のべにばな霊園

今日は朝から小雨交じりの天気でございまして、当霊園内に立ち並ぶお墓や駐車場もまだ濡れている状態でございます。

  コスモス

そんな中、雨が降ると大喜びするのは草花でございまして・・・ついこの間から花開いたコスモスは、雨の恩恵を受けてかさらに生き生きと咲き誇っております。

  原木ナメコ

そればかりではありません。敷地内に設けてあるキノコ畑では、原木ナメコも一斉に顔を出し始めました。

  原木シイタケ

そしてこれが原木シイタケ・・・丸々と太ったそれは、あたかもホットケーキのようでございます。

  秋本番

一雨ごとに秋が深まる今日この頃・・・今まさに秋本番でございますね。

自然環境に恵まれた『べにばな霊園』

  本日のべにばな霊園

お彼岸中、当霊園にはたくさんの人たちがお墓参りに訪れましたが、今はその姿もなくひっそりとしております。

  散り始めたキバナコスモス

またそれと同時にキバナコスモスも散り始め、心なしか寂しさを感じているところでございます。

  コスモス(オオハルシャギク)

ところがそれに代わり、今度は普通のコスモス(オオハルシャギク)が咲き始め、秋の景色を彩っております。

  菊芋の花とススキ

またそればかりではなく、自生している菊芋の花やススキが今や真っ盛り。ちなみにこの黄色い花を咲かせた菊芋は、イヌリンという多糖類を含む食物繊維であり、バター焼きやフライ、スープ、味噌漬け、煮物などの食用としても人気があります。

このように自然環境に恵まれたべにばな霊園ですが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

秋彼岸 今が見頃の キバナコスモス

 ついこの間までは暑い暑いと嘆いておりましたが、近頃は気温も下がりとても過ごしやすい気候となっております。いよいよ秋でござますね。

  秋彼岸 

さて秋といえば、昨日から秋彼岸に入っておりまして、当霊園には朝早くからお墓参りに訪れる人たちが後を絶たず、それを証するように墓前にはきれいな花が飾られております。

  べにばな霊園のキバナコスモス

ところで、前回にもお伝えしました当霊園のキバナコスモスですが、今以てその花は生き生きと咲き誇っております。

  立谷川のキバナコスモス

もちろん立谷川のキバナコスモスもこの通り・・・今が見頃といいますか、この河川敷にも朝早くから訪れる人たちが後を絶たずでございます。

どうぞ皆さま、お墓参りの際はこの立谷川のキバナコスモスも是非ご覧になってくださいませ。

立谷川の河川敷整備

  べにばな霊園駐車場

8月の30日、べにばな霊園の駐車場に重機が運ばれてきました。この重機は、当霊園のすぐそばを流れる立谷川の河川敷を整備するためのものでして、ボランティア団体『立谷川の花さかじいさん』からその工事の依頼を受けたわたくしが、前もって重機のリース会社に発注をかけていたのでございます。

  大森赤石橋下の河川敷

その工事現場とは大森赤石橋下の河川敷(左岸)、ごらんの通りそこにはニセアカシアがうっそうと茂っており、誰も近付こうとは思わないほど荒れ果てた場所でございます。

  初日 進入路造り

まず初日は、さっそく現場に入り進入路造り。

  工事開始2日~5日目 泥だらけの現場

2日目からは現場に生えている雑木の撤去・・・その間は折からの大雨や台風の影響で作業が円滑に進まず。

  6日目

やがて天気も回復、6日目は堰堤下に堆積した泥土の撤去作業。これがまた大変な異臭が発生しまして、鼻が曲がりそうでございました。

  7日目最終

最終日を迎えたその日、努力の甲斐あって現場は見違えるようにきれいになりました。

  工事完成

いずれはこの地にも、ボランティア団体『立谷川の花さかじいさん』の手によって芝桜やキバナコスモスが植えられ、対岸と同じようなお花畑が出来上がることでしょう。

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195