秋真っ盛り

   本日のべにばな霊園

本日は、すっきりとした秋晴れでございます。

  本日は晴天なり

おかげさまで、遠くの山々もはっきりくっきりと映っております。

   名峰 月山

ちなみにこちらは名峰『月山』、近付けばこれまたびっくり、山の頂にはもう初冠雪が・・・。

   霊山 葉山

一方こちらは霊山『葉山』、雪こそ積もってはいませんがすでに紅葉が始まっているようでございます。

   県内最高峰 鳥海山 

おやっ、こちらは通称『出羽富士』とも呼ばれている『鳥海山』・・・普段、ここからは滅多に眺めることができない山ですが、本日は空気が澄んでいるおかげでくっきりと浮かび上がって見えます。

   面白山周辺

そしてこちらは面白山周辺・・・いずれの山々も、今まさに秋真っ盛りでございます。

最高賞に「立谷川の芝桜」

   本日のべにばな霊園

昨日からずっと雨が降り続いていましたが、いつの間にか空も落ち着きを取り戻したようでございます。

   立谷川の辺

こうした中、つい先ほどまで立谷川の辺を散策してましりましたが、見ての通りキバナコスモスの花びらも散り、今ではあたかも枯れススキのようでございます。

     最高賞に「立谷川の芝桜」

ところでその立谷川の辺ですが、この度、山形経済同友会による第4回「未来かがやくやまがた景観賞」の最終選考会にて最高賞の県知事賞に「立谷川の芝桜」が選ばれたという記事が昨日の朝刊にデカデカと載っておりました。賞を授かりましたのはボランティア団体『立谷川の花さかじいさん』、はばかりながらわたくしもその団体の一員、この度の名誉ある賞を頂きまして大変光栄に思っているところでございます。

キバナコスモスの種

  本日のべにばな霊園

すっかり秋めいてきた今日この頃、ちょっとこの間までは勢いよく咲いていたキバナコスモスでしたが、今はもう誰も見向きもしないほど色褪せてしまいました。

  時季外れのキバナコスモス

こうした中、当霊園ではここ数日、キバナコスモスの種の収穫作業に大忙しでございます。

  キバナコスモスの種

ちなみにその種というのがコチラ・・・ご覧の通り吹けば飛ぶような軽くて小さな種子でございますが、これを集めるのがこれまた非常に厄介で手を焼いているところでございます。

  来年のために

しかし、来年もまたきれいな花を咲かせるにはこのような地道な努力が必要なのでございます。それにしても大変ですね、花咲かじいさんって。

お墓の文字とイラスト

本日のべになな霊園

昨日は彼岸の中日ということで、当霊園にはたくさんの人たちがお墓参りに訪れ、いつになく賑わいを見せておりました。それから一夜明け、本日は墓前に飾られた花の香りがどこからともなく漂ってきております。

  絆

ところでそのお墓ですが、その形は今、目まぐるしく変化しておりまして特徴的なものばかり。また、そのお墓に彫刻する文字やイラストにもかなりの拘りがあるように思われます。いわゆるその文字や絵には、家族にしかわからない想いが込められているということです。

  紡ぐ 

こちらは『紡ぐ』と山のイラスト。

  和と花見酒

こちらは『和』と花見酒。

  奥都城

一方こちらは神道のお墓でございまして、読みは『奥都城』と書いて「おくつき」です。

それにしても千差万別でございますね。

女ざかりは花盛り

本日のべにばな霊園

9月から咲き始めたキバナコスモスは、今も尚盛んに咲き誇っております。この分だと、おそらくお彼岸のお参り時にもこの美しい光景を楽しめそうでございます。

天国への階段

そういえばつい先ほど、この天国への階段の前で自撮りをしている中年の女性の方がおりました。ひょっとしたら「私と花はどちらがきれい?」なんて考えながら撮影していたのではないでしょうか。まあいずれにしても、今は花盛りでございます。そして貴女は女盛り・・・。

立谷川 臨時駐車場整備

 先週1週間は、立谷川の河川敷でずっと大型パワーショベルを操作しておりました。

  立谷川河川敷 臨時駐車場整備

どうしてかと申しますと、実は立谷川の河川敷では今、キバナコスモスが見頃を迎えておりまして連日多くの見物客で賑わっております。ところが、あいにく駐車スペースがなく困っておりまして・・・。そこでその問題を解決すべく、わたくしがその駐車場の整備を買って出たのでございます。

  立谷川河川敷 大森赤石橋下流 臨時駐車場  

と申しましてもこっちはずぶの素人でございまして、ただ大型特殊免許を持っているというだけ。

  無事に終了

果たしてその結果は・・・ということで、何とかかんとか無事に完成いたしました。

  完成後

完成後、そこにはたくさんの車が停まっておりました。

  本日のべにばな霊園

それはさておき、本日のべにばな霊園はことのほか賑やかでございます。

見頃を迎えたキバナコスモス

  本日のべにばな霊園

本日のべにばな霊園は、あいにく朝から雨模様でございまして・・・ひっそりと静まり返っております。

  見頃を迎えたキバナコスモス

ですがその雨のおかげで、当霊園の小高い丘に咲くキバナコスモスは一段と生き生きとしております。

  近付けば・・・

近付けば、これまた燃えるようなオレンジ色の花びらが見事に咲き誇っております。

  立谷川のキバナコスモス

一方、立谷川のキバナコスモスも同じく、ようやく見頃を迎えたようでございます。おそらく今週末辺りからは、その咲き具合はピークに達すると思われます。どうぞ皆さま、この機会をお見逃しなく。

お盆の次は秋彼岸

  本日のべにばな霊園

“年寄りは早起きだ”とよく申しますが、ご多分に漏れずわたくしもその一人でございまして、今朝はもう6時からせっせと草むしりに励んでおりました。

  何となく殺風景

ところでついこの間までは、墓前にはたくさんの花が飾られておりましたが、それも今ではすべて片付けられ何となく殺風景でございますね。しかし、お盆が過ぎるとすぐやって来るのが秋彼岸でございます。

  墓石工事

それにちなみまして、今盛んに行われようとしているのが墓石工事でございます。これから数日間は、休む間もなく工事が続けられることでしょう。

  キバナコスモス

それはさておき、当霊園のキバナコスモスは今、日を追うごとに花びらが増え続けております。この分だと、お彼岸参りの頃がピークかもしれません。その時は、どうぞこの花をお墓に飾ってみてはいかがでしょうか。

災い転じて福となす

  本日のべにばな霊園 

お盆期間中は、寒冷前線の影響で雨の日が続いておりましたが、それにもかかわらず当霊園にはそりゃもうたくさんの人たちがお墓参りに訪れ賑わっておりました。

  色とりどりの花々

その証拠に墓前には色とりどりの花々がささげられ、その花は今も尚生き生きと咲き誇っています。ちなみに例年であれば、供えた花は2日で萎れてしまいます。ところが今年は毎日雨が降ったもんですから、花にとっての水分補給は十分すぎるほど。この度の長雨、花たちにとってはそれこそ“災い転じて福となす”ということですかね。

お盆でございます

  本日のべにばな霊園

本日から『お盆』ということで、今朝は午前6時頃から園内の環境整備に取り掛かっておりました。

  永代区供養塔 やすらぎの塔

何しろ今日13日はご先祖様のお迎えの日ですので、たくさんの人たちがお墓参りに訪れるはず、ならば尚のこときれいにしておかなければなりません。

  小雨決行

やっと作業が終わった頃、ぽつりぽつりと来園者の車が駐車場に止まり始めました。ところが、それと同時に雨がぽつりぽつりと降ってまいりまして、こともあろうにこんな時に・・・。

 献花 

それでも皆さん、手を休めることなくお墓掃除、そしてご先祖様に手を合わせていたようでございます。その後、墓前にはきれいな花がたくさん飾られておりました。



  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195