新緑の季節

  本日のべにばな霊園

木々の緑が美しく感じる今日この頃・・・。

  環境整備

本日は朝早くから霊園内の環境整備、敷地内にはびこっている雑草を除去したり、そうかと思えば枯れた供花の回収など。

  カラスノエンドウ

ちなみに、このツツジに纏わりついている蔓状の植物は何かと申しますと『カラスノエンドウ』という越年草でございまして、巷では厄介者の雑草とみなされております。なんか変な名前だなとお思いでしょうが、これはれっきとしたマメ科の植物。そのほか、この植物の親せきには『スズメノエンドウ』というのもございますが、いずれもほったらかしにしておくととんでもないことになりますのですぐに除去しなければなりません。

  枯れ果てた供花を回収

さて当霊園では前述した通り、枯れてしまった供花はその都度回収させていただいております。そうしておけば墓石も痛むことなくきれいですし、ご先祖様だって喜ぶはずです。

  新緑の季節

それはともかく、いい季節になりましたね~・・・まさに新緑の季節でございます。

連休から一夜明けて

  立谷川の芝ざくら

コロナ禍のゴールデンウィーク、立谷川の辺はそりゃもうとんでもない人だかりでしたが、今朝は打って変わってひっそりとしております。それに、今までは盛んに咲いていた芝ざくらも次第に色褪せ・・・ちなみに世間では、こういうことを姥ざくらと申すそうですが、やはり何事も花盛りがあるようでござます。

  本日のべにばな霊園

さて本日のべにばな霊園ですが、こちらも同じく連休中はたくさんの参拝者で賑わっておりましたが、休みが終わった途端に寂しいくらい静まり返っております。それもそのはず、みんな一生懸命働いているわけですから。

  名峰 月山

それはそうと、本日の月山はことのほかきれいでございます。

ただ今工事中

 4月中旬から始まった永代供養塔の増築工事ですが、ちょっとこの間までは予定通り進んでおりました。

  永代供養塔増築工事中

ところがここにきて難問題が発生いたしまして、スタッフ一同はどんな手を使ったら良いか頭を悩ませておりました。

  問題の墓誌

というのは他でもない、この建物の脇に建っている墓誌をどうやって移動させるか?何しろその墓誌の材質は石でございまして、重量は約3トンというとんでもない重さ。しかもがっちりと基礎部分に接着しておりまして、これは一筋縄ではいきません。

  墓誌が設置されてた場所

そこで今回、墓誌と基礎部分との設置面(コンクリート)をはつり、その場所に鉄骨を差し込み、その鉄骨ごと25tのクレーンで吊り上げたのでございます。

  永代供養墓誌

おかげさまで、その墓誌は壊れることなく移動できました。しかし、工事はまだ始まったばかりでございます。

永代供養塔 先行ご予約受付中

  名峰『月山』と『葉山』

本日は非常に天気が良く、遠くにそびえる名峰『月山』や『葉山』はいつになく神々しく輝いております。また立谷川の芝ざくらも今が見頃を迎えており、道行く人々の目を楽しませてくれてます。

  永代供養塔『やすらぎの塔』

こうした中、当霊園では今、永代供養塔『やすらぎの塔』の増築工事が盛んに行われております。ちなみに完成は7月下旬となっております。

  完成予想図

それにちなみまして、現在先行ご予約を承っております。

問い合わせはこちらまで べにばな霊園 023-687-4194

           管理者 村田  090-1490-5679

駐車禁止のお願い

  本日のべにばな霊園

本日のべにばな霊園はいつになく賑やかで、ご覧の通り駐車場は満杯状態でございます。

  今が見頃の芝ざくら

さては何か催し物でもと思いきや・・・実はそうではなく、芝ざくら見物に訪れた人たちの車なのでございます。ですが今現在、山形県内では新型コロナ感染に伴い緊急事態宣言が発令されており“お花見気分”どころではないはずです。

  駐車禁止

そこでこの度、万が一のことを考えて当霊園の入り口にはこのような立て看板を設けさせていただきました。別に意地悪している訳じゃございません。どうかひとつ、コロナが収まるまではご辛抱くださいませ。来年も花は咲きますから・・・。

せっかく花が咲いたというのに・・・。

  清流 立谷川

つい先ほど、立谷川の辺を一回りしてきました。

  立谷川の桜と芝ざくら

するとどうでしょう、そこでは何と桜と芝ざくらが同時に咲いているじゃありませんか。咲き具合はまだ半分でございますが、気温が上がればさらに勢いを増し満開となるでしょう。ところが山形県内では今、新型コロナの感染者数が日増しに増え、お花見気分どころではありません。せっかく花が咲いたというのに・・・。

  本日のべにばな霊園

一方のべにばな霊園も同じく、彼岸が過ぎてからというものパタリと客足が止まったままでございまして、ひっそりと静まり返っております。こんなにいい季節になったというのに・・・。

  ノボリがなびく

今はただ、ノボリが風になびているだけでございます。

春爛漫

  早いもので本日から4月・・と申しましても日付が変わるだけで、別にこれといった変化がある訳でもございませんが、この月だけは何故か気が引き締まる思いがいたします。何てったって新年度のスタートですから。

  本日のべにばな霊園

さて本日のべにばな霊園でございますが、まさに春爛漫・・・。

  イチゲ

敷地内には、春を告げる花『イチゲ』が早々と咲いておりました。

  芝ざくら

それに立谷川の辺では、これまた芝ざくらも・・・まだ本格的ではありませんが、どうやら今シーズンの見頃は例年よりも早くなりそうでございます。

  墓石工事

ところで春がやってきますと、それと同時に始まるのが墓石工事。職人さんたちは手を休めることなくお墓作りに精を出しております。

暑さ寒さも彼岸まで

  本日のべにばな霊園

本日3月23日は“彼岸の明け”でございますが、あいにく天気の方はイマイチで当霊園内では寒々とした光景が広がっております。でも「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通り、明日あたりからはいい天気が続くと天気予報士がおっしゃっておりました。

  彼岸の後の静けさ

こうした中、つい先ほど敷地内を一回りしてきたところ、ほとんどの墓前には色とりどりの花が飾られておりました。ということは、皆様忘れずにお墓参りに訪れたという証拠でございます。まあ何はともあれ、いい季節になりましたね。

春の彼岸入り

  早いもので3月も半ばを過ぎ、めっきり春らしくなってきた今日この頃でございます。

  山頂付近は雪模様

と言いたいところですが、今日は気温が思ったほど上がらず面白山近辺の山々には雪が積もっております。

  本日のべにばな霊園

ところで、本日は春の彼岸入りでございます。よりによって寒さに耐えながらの彼岸参りとなりましたが、それにもめげず朝からたくさんの人たちが訪れておりました。

  春の花

その証拠に、墓前にはこれまた美しい春の花が飾られておりました。

春の到来

  本日のべにばな霊園

ちょっとこの間までは雪がどっさり積もっていた当霊園ですが、ここんところの晴天続きですっかり春めいてまいりました。

  駐車場の残雪

駐車場の片隅もこの通り、あの雪の塊はいったいどこに消えたんだろうと思うほど、きれいさっぱりなくなってしまいました。

  清流 立谷川

一方こちらは立谷川、川の辺には早くもふきのとうが顔を出しておりました。いよいよ春到来でございますね。そういえば来週末からは春彼岸、のんびりと景色を眺めてる場合じゃございません。いち早く、その準備に取り掛からなければ・・・。



  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195