新着情報

時代が変われば形も変わる

 ついこの間、山形県内も梅雨が明けたということですが、それからというものうだるような暑さが続いているようでございます。

  本日のべにばな霊園

本日もまた30℃を超える真夏日という予報ですが、まあ夏だから仕方ありません。

  只今工事中

そんな暑さの中、当霊園では前にもお伝えしたように墓石工事が盛んに行われております。

  斬新なデザイン

ちなみに、これはつい先ほど完成ばかりのお墓でございまして、その斬新なデザインは一際目を引く拘りとなっているようでございます。設計施工『ムラタ企画』

やはり時代が変われば、お墓のデザインもそれなりに変わるのものでござますね。

山形県内を襲った集中豪雨

 山形県内を襲った集中豪雨・・・。

  濁流と化した立谷川

当霊園のすぐそばを流れる立谷川も例外ではなく、昨日は「ゴーゴー」と音を立てながら濁流が流れておりました。丁度その時間帯、一本の電話が入りました。誰かと思いきや一人のご契約さまから・・・その内容は「うちのお墓は大丈夫ですか?」と。

  今朝の立谷川

それから一夜明け、その立谷川も少しずつですが落ち着きを取り戻してきたようでございます。

  本日のべにばな霊園

一方当霊園は、一時はどうなるかことかと心配しましたが、おかげさまで何の被害もございませんでした。それにしても驚きましたね、今回の大雨は・・・。

お盆を前にして

  墓石工事

当霊園内では今、墓石工事が急ピッチで行われております。何しろあと1ヵ月も経たないうちにお盆がやってきますので、それまでには何が何でも完成させなければなりません。

  基礎工事

そんなこんなで、職人さんたちは手を休めることなく工事に取り掛かっております。

  墓石の部材

ちなみにその部材は敷地内の一角に山積みになっておりますが、これらはほんの一部でございまして、これからもまた次々と運ばれてくる予定です。ところで最近、関東地区の方ではまたコロナ感染が広がっているようでございますが、こんなんじゃお盆休みの里帰りもできなければ、ご先祖様に手を合わすこともできません・・・とにかく、早く収まって欲しいものでございます。

墓地区画契約状況

 6月は、空梅雨といっても過言ではないほど雨が降りませんでした。ところが7月に入った途端、毎日のように雨が続き身も心も湿りがちな日々を迎えております。

  本日のべにばな霊園

そんな中、本日はかろうじて曇りの天気・・・ですが天気予報によりますと、夕方からまた雨が降り出すとのことでございます。

  A区画

さて今回は、当霊園の墓地区画の契約状況をお知らせ申し上げます。現在、A区画の空き数は66、B区画が81、C区画が31、それと一番お求めやすいD区画が26となっております。

  D区画

まだまだ空いている箇所は多数ございますが、ご希望の方は是非一度ご見学くださいませ。

  永代供養塔 やすらぎの塔

なお、永代供養塔『やすらぎの塔』のロッカーの空き数は残り7室となっております。お急ぎの方はこちらまで→023-687-4194 携帯 090-1490-5679村田

『警告 不法投棄は犯罪です』

 西日本ではこれまで経験したことのない集中豪雨に見舞われ、各地に甚大な被害をもたらしているということです。その一方、東北地方でも低い土地の浸水や河川の増水に警戒するようにとお達しが出ているようでございます。

  清流 立谷川

そこでつい先ほど、立谷川の水位を確認しましたところ・・・今のところ濁ってはいるものの若干水かさが上がっているだけ、とはいっても油断は禁物です。

 

  『警告 不法投棄は犯罪です』

ところで立谷川といえば、前回お伝えしたあの不法投棄の現場に新たな立て看板が設置されました。実はあのあと容疑者と思しき人物が現れ、その人物を問いただしたところすんなりと犯行を認めたのです。そこで「金輪際ここにゴミを捨てなければ目をつむりましょう。その代わり、この辺に散らかっているゴミはすべて持ち帰ってください」と忠告したところ、その人物は猛省の意を込めてか辺り一帯のゴミを一つ残らず持ち帰っていきました。その後、県の計らいで『警告 不法投棄は犯罪です』という看板が掲げられたのです。それからというもの、この川の辺は見違えるようにきれいになったのでございます。

待望の雨

 コロナ騒ぎに振り回されているうちに、いつの間にか半年が過ぎてしまいました。いよいよ今日から7月のはじまりでございます。

  本日のべにばな霊園

さて本日は、未明から待望の雨が降り続いております。何しろ久方ぶりの雨ですから、当霊園周辺に自生している樹木や草花は諸手を挙げて喜んでいるようでございます。

  清流 立谷川

一方こちらは清流『立谷川』、ついこの間までは渇水が続いておりましたが、この度の雨でほんの少しですが水かさが上がったように感じられます。ちなみに天気予報では、ここ数日間は雨模様の天気が続くようでございます。お出かけの際は傘を忘れずに!

川を汚すな!

  清流 立谷川

当霊園のすぐそばを流れている立谷川では、数年前から不法投棄が後を絶たず非常に困惑しているところです。

  ペットの糞尿が入ったビニール袋

空き缶やたばこの吸い殻、中にはペットの糞尿が入ったビニール袋までが大量に捨てられております。

  家庭用のゴミを燃やした跡

さらにはわざわざ家庭用のゴミを持ち込み、その場で燃やしていく不届き物も・・・。

  放火現場

そういえば一昨日の早朝、この付近を散歩中の人が煙が出ているのを目撃し、即刻119番に通報したそうです。その後、消防車やパトカー、さらには報道カメラマンが駆け付け一時は大騒ぎになったというじゃありませんか。関係者の話によると、この件に関しては放火罪となりうる可能性があるということですが、どうしてこんなことをするのか気が知りません。

それはそうと、この川の辺では春になれば芝桜、秋にはキバナコスモスが咲き、訪れる人たちの目を楽しませてくれます。それを知っていながらこんな悪行を重ねるとは、迷惑千万この上なし・・・ということで、近々当局が動き出すということでございます。

雑草除去に追われる毎日

立谷川

梅雨入りしてから1週間が経過した山形県内ですが、未だにまとまった雨が降らず、先週もお伝えした立谷川はすでに流れが止まった状態が続いております。はびこる雑草

その一方では、雑草が否応なしに顔を出し手を焼いておりまして、毎日のように草刈りや除草剤散布に時間を費やしております。

本日のべにばな霊園

その甲斐あって、当霊園の敷地内には雑草が見当たりません。ちなみに雑草を除去した部分には、毎年恒例のキバナコスモスの種を蒔く予定でございます。それを蒔く時期は7月はじめ頃、そして一番見頃を迎えるのは、おそらくお盆過ぎになるかと思われます。その時期が近づきましたら、またお伝え申し上げます。

一難去ってまた一難

 まだ6月だというのに、近頃は暑い日が続いておりまして・・・。

  立谷川は渇水状態

おまけに雨がさっぱり降らず・・・そのせいで立谷川は今にも干上がりそうな状態となっております。

  水不足

ちょっとこの間までは新型コロナで大騒ぎしていたと思ったら、今度は水不足に苛まれ・・・次から次へと押し寄せてくる災難、それにしてもいつになったら穏やかな日々がやって来るのでしょうか。こうなったら神にすがるしかありませんね。

怪我を負ったニホンカモシカ

   ニホンカモシカ

昨日の昼下がり、ひょっこりとニホンカモシカが現れお墓の周りうろちょろ・・・。

  おぼつかない足取り 

てっきりお墓参りにでも来たのかなと思いきや、足早に裏山の方へと移動してしまいました。ただ、その走り方が何となく不自然・・・よく見ると、後ろ足に怪我を負っているじゃありませんか。

  痛々しい姿

いったいどうしたのでしょうか?・・・と尋ねても言葉は通じないし、治してやりたいけどそれもできないし。

  急斜面を攀じ登るカモシカ

そうしているうちに、カモシカは自力で裏山の斜面を駆け上っていってしまいました。なんとか生き延びて欲しいものでございます。

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195