新着情報

いよいよ冬到来

  出勤途中

今朝の出勤途中、道路沿いに設置してある電光表示温度計は「3℃」と表示、おまけに雪がちらほら舞っておりました。

  本日のべにばな霊園

職場に到着しますと、これまた遠くに見える山々は雪化粧・・・いよいよ冬到来でございますね。

  雪囲い

さてそれに備えまして、当霊園ではいつ冬将軍がやってきても大丈夫なように雪囲いが設置されました。

  除雪車

さらには、除雪車も常に出動できるように準備を整えております。そのほか管理事務所のほうには熱いコーヒーをご用意してますので、ご来園の際は是非お立ち寄りくださいませ。

五輪マークのチューリップ畑

 先週の土曜日、当霊園の向かい側にある立谷川の辺では、来年の東京オリンピックにちなんで五輪マークのチューリップ畑づくりが実施されました。

  オリンピック 5輪花植栽

名付けて『オリンピック 5輪花植栽』・・・。

  作業開始

その日は、ボランティア団体『立谷川の花さかじいさん』を主体に大勢の有志が駆けつけてくださいまして、その作業に取り掛かっていただきました。

  ボランティア団体『立谷川の花さかじいさん』のマドンナたち

ご覧ください、この楽しい風景・・・。

  作業終了

おかげさまで、その日一日で滞りなく作業は終了いたしました。ところでそのチューリップの開花ですが、来春の芝桜の開花と同時期に咲く予定でございます。皆々様、乞うご期待くださいませ!

蘇った立谷川

 先週1週間は、猫の手も借りたいほど忙しくしておりました。

  立谷川の河川整備

では何故そんなに忙しかったかといいますと、実は当霊園のすぐそばを流れる立谷川の河川整備をしていたのでございます。

  五輪マークのチューリップ

その内容を詳しく説明しますと・・・来年の東京オリンピックにちなんで、この立谷川の河川敷に五輪のマークを描き、それに沿ってチューリップの花を咲かせようという計画。その一環として今回は重機の操作を依頼されまして、球根を植えるための穴を掘っていたのでございます。

  河川修復工事

それが終了した後、今度は台風の爪痕の修復工事。ご覧の通り、川岸はえぐられ無残な姿となっておりました。

  修復後

その場所を重機を使って元通りに・・・。

  本日の立谷川

その甲斐あって、本日の立谷川の流れはいつになく清らかでございます。

台風一過

 各地に甚大な被害を及ぼした台風19号・・・。

  本日のべにばな霊園

幸いにして、当霊園においてはこれといった被害もなく、ほっと胸を撫で下ろしているところでございます。

  清流 立谷川

すぐそばを流れる『清流 立谷川』もこの通り、普段と変わりない清らかな流れに戻ったようでございます。

  台風一過

ところで、今朝がたはめっぽう寒く気温は10℃を下回っておりました。考えてみればもう10月の半ば、近くの山々も少しずつですが色づき始めております。嵐が過ぎ去り、次はいよいよ紅葉シーズンでございますね。

「ここ10年で最悪」

  裏山でマツタケ採り

ついこの間、息子と一緒に裏山へマツタケ採りに行ってきました。その結果、残念ながら1本も探し当てることができませんでした。噂ではたくさん採れると聞いていたんですが・・・。

  マツタケ不作 がっかり

そういえば、今朝の新聞にこんな記事が載っておりました。要約すると、今年の松茸の収穫はここ10年で最悪の不作だそうでございます。どうりで探せない訳ですよ。

  原木ナメコ

ところで、その不作はマツタケに限ったことではありません。当霊園で栽培している『原木ナメコ』も同じように、今季は一粒たりとも顔を出していないのです。これじゃ、お参りに訪れた方々にお裾分けができません。困ったものでございます・・・といっても自然が相手だから仕方ありませんね。

永代供養塔の空き情報 その2

 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、その通りでございましてこの頃は朝夕がめっきり涼しく感じられるようになりました。いよいよ秋到来といったところでしょうか。

  本日のべにばな霊園

さて本日のべにばな霊園では、日曜日というともあって朝からお墓参りやご見学に訪れる方々が後を絶ちませんでした。

  永代供養塔『やすらぎの塔』

中でも永代供養塔に関してのお問い合わせや、実際にその建物を見学される方が多く、その対応に追われていた次第でございます。

  やすらぎの塔 室内

ところでその永代供養塔ですが、ロッカー式納骨室90室のうち70室がすでに契約済みとなりました。ということは残りわずか20室でございます。ご希望の方は、なるべくお早めにお問い合わせくださいませ。

秋彼岸 お参りのついでにコスモス観賞

 台風17号の影響で、県内各地は22日から大荒れの天気となるでしょう・・・ところが一夜明けてみると、その予報は見事に外れ穏やかそのもの。なぜか得をした気分でございます。

  お彼岸参り

まあそんな訳で、本日22日はお彼岸のお参りには絶好の日和となったようでございまして、朝早くからたくさんの人たちが訪れご先祖様の供養を執り行っておりました。。

  本日のべにばな霊園

ところで当霊園の法面に植えたコスモスですが、今以て元気に咲き誇っておりまして、ご先祖様に手を合わせたついでにコスモス見物と洒落込んでいたようです。  秋の風物詩 コスモス

まあ何はともあれ本日は雨が降らかったので、めでたしめでたしでございます。

キバナコスモス情報

  キバナコスモス

前回もお伝えした当霊園のキバナコスモスですが、今もなお衰えることなく咲き誇っております。おかげさまで、その風景はたくさんの人たちの目を喜ばせているようでございます。

  キバナコスモスの種

ですが、その中にはすでに咲き終わったものもあり、そこには刺々しい種が名残惜しそうにしがみついております。そんな中、本日は朝早くからその種の回収作業に取り掛かっておりました。ちなみにその回収した種は、翌年の6月末ごろにまた同じ場所に蒔く予定でおります。

  立谷川のキバナコスモス

それにしても、本日はことのほか天気が宜しゅうございますね。

花の命は短くて

  本日のべにばな霊園

ついこの間、当霊園に咲いているキバナコスモスが新聞に掲載されました。

  カメラを向けて

それからというものたくさんの見物客が訪れ、その花を眺めては色んな角度から写真に収めておりました。

  アマチュアカメラマン

今朝もまた、早くからアマチュアカメラマンがやってきては何度となくシャッターを切っておりました。それにしてもすごいもんですね、この花の集客力は・・・おかげさまで、当霊園のPRには持って来いでございます。

  キバナコスモス

ところでこのキバナコスモスですが、いつまでもきれいに咲いているという訳にはいきません。花の命は短いものでございまして、やがては散りゆくものなのでございます。どうぞお早めにお越しくださいませ。

きれいにすると気持ちがいい

  本日は、月に一度の立谷川河川敷の一斉清掃(ボランティア活動)がある日ということで朝早くからその予定をしておりました。

  ボランティア『立谷川の花さかじいさん』のメンバー

ところが今回の参加者はたったの5名。とはいうものの、せっかく集まったんだからやらない訳にはいきません。

  道路沿いの草刈り

ということで、さっそく作業開始・・・ちなみにわたくしは道路沿いにはびこっている雑草の除去作業。

  作業終了

ほどなくして雑草はきれいに除去され・・・あたかも道路の幅が広くなったような感じがしました。

  よそ様の土地の環境整備

さて次は、当霊園の道を挟んで向かい側にある敷地の環境整備。この土地はよそ様のものでございますが、このままほったらかしにしておけば非常に見苦しく、ましてや不法投棄などされたら困りますのでこの際だからきれいにすることにしました。

  その甲斐あって

その甲斐あって、びっくりするほどきれいになりました。

  ついでにこっちも

「よ~し、こうなったらこっちもきれいにしよう!」と考え、その脇にある雑木林にも手を入れました。

  その後の雑木林

どうですか、この代わり映え・・・やっぱり、きれいにすると気持ちがいいもんですね。

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195