新着情報

永代供養塔 先行ご予約受付中

  名峰『月山』と『葉山』

本日は非常に天気が良く、遠くにそびえる名峰『月山』や『葉山』はいつになく神々しく輝いております。また立谷川の芝ざくらも今が見頃を迎えており、道行く人々の目を楽しませてくれてます。

  永代供養塔『やすらぎの塔』

こうした中、当霊園では今、永代供養塔『やすらぎの塔』の増築工事が盛んに行われております。ちなみに完成は7月下旬となっております。

  完成予想図

それにちなみまして、現在先行ご予約を承っております。

問い合わせはこちらまで べにばな霊園 023-687-4194

           管理者 村田  090-1490-5679

駐車禁止のお願い

  本日のべにばな霊園

本日のべにばな霊園はいつになく賑やかで、ご覧の通り駐車場は満杯状態でございます。

  今が見頃の芝ざくら

さては何か催し物でもと思いきや・・・実はそうではなく、芝ざくら見物に訪れた人たちの車なのでございます。ですが今現在、山形県内では新型コロナ感染に伴い緊急事態宣言が発令されており“お花見気分”どころではないはずです。

  駐車禁止

そこでこの度、万が一のことを考えて当霊園の入り口にはこのような立て看板を設けさせていただきました。別に意地悪している訳じゃございません。どうかひとつ、コロナが収まるまではご辛抱くださいませ。来年も花は咲きますから・・・。

せっかく花が咲いたというのに・・・。

  清流 立谷川

つい先ほど、立谷川の辺を一回りしてきました。

  立谷川の桜と芝ざくら

するとどうでしょう、そこでは何と桜と芝ざくらが同時に咲いているじゃありませんか。咲き具合はまだ半分でございますが、気温が上がればさらに勢いを増し満開となるでしょう。ところが山形県内では今、新型コロナの感染者数が日増しに増え、お花見気分どころではありません。せっかく花が咲いたというのに・・・。

  本日のべにばな霊園

一方のべにばな霊園も同じく、彼岸が過ぎてからというものパタリと客足が止まったままでございまして、ひっそりと静まり返っております。こんなにいい季節になったというのに・・・。

  ノボリがなびく

今はただ、ノボリが風になびているだけでございます。

春爛漫

  早いもので本日から4月・・と申しましても日付が変わるだけで、別にこれといった変化がある訳でもございませんが、この月だけは何故か気が引き締まる思いがいたします。何てったって新年度のスタートですから。

  本日のべにばな霊園

さて本日のべにばな霊園でございますが、まさに春爛漫・・・。

  イチゲ

敷地内には、春を告げる花『イチゲ』が早々と咲いておりました。

  芝ざくら

それに立谷川の辺では、これまた芝ざくらも・・・まだ本格的ではありませんが、どうやら今シーズンの見頃は例年よりも早くなりそうでございます。

  墓石工事

ところで春がやってきますと、それと同時に始まるのが墓石工事。職人さんたちは手を休めることなくお墓作りに精を出しております。

暑さ寒さも彼岸まで

  本日のべにばな霊園

本日3月23日は“彼岸の明け”でございますが、あいにく天気の方はイマイチで当霊園内では寒々とした光景が広がっております。でも「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通り、明日あたりからはいい天気が続くと天気予報士がおっしゃっておりました。

  彼岸の後の静けさ

こうした中、つい先ほど敷地内を一回りしてきたところ、ほとんどの墓前には色とりどりの花が飾られておりました。ということは、皆様忘れずにお墓参りに訪れたという証拠でございます。まあ何はともあれ、いい季節になりましたね。

春の彼岸入り

  早いもので3月も半ばを過ぎ、めっきり春らしくなってきた今日この頃でございます。

  山頂付近は雪模様

と言いたいところですが、今日は気温が思ったほど上がらず面白山近辺の山々には雪が積もっております。

  本日のべにばな霊園

ところで、本日は春の彼岸入りでございます。よりによって寒さに耐えながらの彼岸参りとなりましたが、それにもめげず朝からたくさんの人たちが訪れておりました。

  春の花

その証拠に、墓前にはこれまた美しい春の花が飾られておりました。

春の到来

  本日のべにばな霊園

ちょっとこの間までは雪がどっさり積もっていた当霊園ですが、ここんところの晴天続きですっかり春めいてまいりました。

  駐車場の残雪

駐車場の片隅もこの通り、あの雪の塊はいったいどこに消えたんだろうと思うほど、きれいさっぱりなくなってしまいました。

  清流 立谷川

一方こちらは立谷川、川の辺には早くもふきのとうが顔を出しておりました。いよいよ春到来でございますね。そういえば来週末からは春彼岸、のんびりと景色を眺めてる場合じゃございません。いち早く、その準備に取り掛からなければ・・・。

永代供養塔 増築工事のお知らせ

 当霊園内の永代供養塔『やすらぎの塔』でございますが、ご好評につきこの3月から増築工事を着手する運びとなりました。

  外観完成予想図

ちなみに工事完成予定は7月でございます。

  室内完成予想図

その内容と致しまして、室内に設けてある個別式ロッカーの数が90室増加。

永代使用料に関しましては下記の通り(従来通り)でござます。
個別式ロッカー納骨堂(7年間保管)
35万円(2人目より 15万円)

合祀  納骨堂(地下納骨堂)
30万円(2人目より 15万円)

管理費 個別式ロッカー・合祀納骨堂とも無料

尚、先行ご予約は3月6日(今週末)より開始いたします。

お問い合わせはこちらまで べにばな霊園 023-687-4194

             管理者 村田 090-1490-5679

 

べにばな霊園の近況

 2月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられる今日この頃・・・。

  除雪作業

と思っていた矢先、未明からまた雪が降り出しまして、出勤と同時に除雪作業に追われてんやわんや。

  アルプス山脈

それで集めた雪は今、駐車場の端っこに寄せられておりますが、その姿はあたかもアルプス山脈のようにそびえ立っております。

  作業用軽トラ

一方作業用の軽トラックはというと、これまた雪に埋もれ身動きができない状態、おそらく春が訪れるまでこのままでしょう。

  本日のべにばな霊園

それはさておき、先週土曜日の夜に起きた地震には大変驚きました。また10年前のようなことになるのかと一瞬不安になりましたが、案の定山形県内各地でも被害があったようでございます。幸いにして当霊園では、お墓の倒壊なども一切ありませんでしたのでこの場をお借りしご報告申し上げます。

気持ちよくお参りができますように

  本日のべにばな霊園

度々同じ話題で恐縮でございますが、本日もまた雪がどっさりと積もりまして・・・。

 

  雪に埋もれた除雪車

本来除雪をしなければならない除雪車もこの通り、雪に埋もれた状態になっております。

  駐車場の除雪

さっそくエンジンを始動させ、まずは駐車場から除雪に取り掛かりました。ところがいつまで経っても雪降り止まず・・・後ろを振り向けば、また真っ白。

  通路

それは確かに、こんな荒れた日にお参りに訪れる方はいないかもしれません。だからといって、そのままにしておく訳にはまいりません。当霊園では、常に気持ちよくお参りができますよう環境を整えております。



  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195