新着情報

巣作りを始めたハクセキレイ

  ミニホイールローダ

つい先ほど、作業をするためにミニホールローダを動かそうとしたら・・・。

  ハクセキレイ

車体の下のほうからハクセキレイが飛び出してきました。

  巣作り

どうやら産卵の時期が近づいてきたようでございます。ちなみこの野鳥は、毎年今頃になるとこのミニホイールローダの中折れ部分に4~6個の卵を産み付けます。抱卵から巣立ちまでは大体3週間ほどかかるようですが、その間はこの機械を動かすことができません。ですが、雛が巣立つまでは優しく見守ってやらなければと考えております。

彼岸の中日

 昨日は彼岸の中日でしたがあいにくの悪天候、風は強いし小雨がぱらつくし・・・それにもかかわらずたくさんの人たちがお墓参りに訪れておりました。

  色とりどりの献花

それから一夜明け、各墓前には色とりどりのお花が供えられておりました。

  永代供養塔『やすらぎの塔』

一方こちらは永代供養塔『やすらぎの塔』の室内・・・その祭壇にも所狭しとお花が飾られておりました。ちなみにこの供養塔の個別ロッカーですが、残すところわずか8室となっております。ですがご安心ください。今のところまだ未定ですが、年内中にはこの供養塔の増築工事が始まります。計画としては、個別ロッカーを90個増やす予定です。ご検討のほどよろしくお願いいたします。

   本日のべにばな霊園

ところで、本日は打って変わっていい天気、絶好のお参り日和でございますよ。

 

動物たちのお墓

  イノシシが食い荒らした痕跡 

近頃、当霊園内にはまたイノシシが現れるようになりまして、非常に困惑しているところでございます。

  くくり罠

そこで猟友会の人たちにお願いして2週間ほど前から『くくり罠』を仕掛けてもらっていますが、いかんせんイノシシたちも賢いもんですから、そうやすやすと罠にはかかりません。

  イノシシの下顎

そんな中、昨日はその罠の側にこんなものが落ちておりました。見ての通り、これはイノシシの下顎の部分で相当日数が経っているもの。それにしても一体誰が運んできたのでしょうか、前日まではなかったのに・・・とにかく首をかしげるばかりでございます。

  イノシシのはか

まあそれはともかく、そのままにしておくのも可哀そうですし手厚く葬ってやることにしました。たとえ害獣でも、死んでしまえば仏様・・・ましてや職業上、お骨を預かる立場ですから。

  動物たちのお墓

ちなみにこの場所には、以前列車にはねられて死んだ熊とタヌキが葬られています。

家族葬

 私事でございますが、先週の土曜日に妻の母親が亡くなりまして、その葬儀が昨日しめやかに執り行われました。葬儀の形態は家族葬、参列者はたった20人ほどの近親者のみ、時間にしてほんの35分間の弔いでした。そんなささやかな葬儀でしたが、実に心のこもったお別れ会となりました。  家族葬

葬儀屋さんの話によりますと、昨今はこのような『家族葬』を選択される方々が増えているようでございまして、葬儀全体における家族葬の割合は4割を占めているそうです。やはり時代の流れでしょうか。

  本日のべにばな霊園

ところで当霊園では今、前回もお伝えした通り墓石工事が急ピッチで行われております。また、春が近づいてきたと同時にご見学に訪れる方々やお問い合わせも多くなったようでございます。それに伴いまして、只今当霊園ではご契約頂いたお客様へ『お米(つや姫5kg)』をプレゼントしております。尚、当霊園では終の棲家をどう選ぶか、また葬儀はどんな形で執り行うかなどといったご相談も承っております。どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

3月の声を聞くと

 早いもので2月も今日で終わり、明日からはいよいよ3月でございます。

  ノボリを設置

そこで本日は、気持ちを新たにということでスタッフ全員で当霊園の環境整備に精を出しておりました。まずは入り口付近にノボリを設置したり、そうかと思えば貯水タンクに水を入れたり・・・。

  枯草の刈り取り作業

それが終わると今度は枯草の刈り取り作業と、絶え間なく動き回っておりました。

  墓石工事

一方、区画内では墓石工事が始まっております。ご承知の通り今年は暖冬でしたので、その分だけ工事着工の時期が早いようでございます。

 

  D区画

ちなみに今回の墓石工事はB区画とD区画が2ヵ所、いずれも今月の春彼岸のお参りまでは完成させなければなりません。なんだか3月の声を聞きますと、とっても忙しいですね。

牡丹鍋を堪能

 どなたが決めたか知りませんが、本日2月22日は『猫の日』だそうでございます。

  我が家の猫

それにちなみまして、我が家の猫たちには特別美味しいものをごちそうしてやろうと考えております。

  野焼き

それはさておき、今日は朝から霊園内の枯草を焼き払う作業をしておりまして、それこそ猫の手も借りたいほどの忙しさでございました。

  作業終了

それでも何とか、その作業は午前中で終了。

  お昼時 

丁度その時、知人の『Oさん』が訪ねてきました。ちなみにOさんは猟師でございまして、この度はイノシシを仕留めたということで、すぐ目の前で牡丹鍋をこしらえてくれたのでございます。これはありがたいということで、参拝に来られたお客様も一緒に牡丹鍋を堪能。

  牡丹鍋(猟師鍋)

これがまた美味いのなんのって・・・これぞまさしくワイルドな料理、さすが猟師さんでございますね。ごちそうさまでございました。

本日は晴天なり

  本日は晴天なり

本日は青空が広がり実にいい天気でございまして、当霊園からははるか遠くの月山がくっきりと見えております。

  望遠レンズで

望遠レンズで覗いてみると、これまた何て美しい光景でしょう。

  蔵王連峰

一方こちらは蔵王連峰でございまして、連なる山々は朝日に照らされ美しく輝いておりました。

  べにばな霊園 キノコの森

続いてこちらは、当霊園の裏手にあるキノコの森・・・。

  野生動物の足跡

そこには、キツネや野ウサギといった野生動物たちの足跡が至る所に残っておりました。ちなみに本日の天気予報では最低気温が氷点下5℃、午後からはなんと10℃以上に上がる見込みだそうです。こんな風に天気がいいと、どこかへ出掛けたくなるような、そんな気分になってしまいますね。

春彼岸まであと1ヵ月ちょっと

 何度も申し上げている通り、今冬はいつになく雪が少なく驚いているところでございます。

  本日のべにばな霊園

その証拠に、当霊園にはまったく雪が積もっておりません。そういえばつい先ほど、雪がちらほら舞っておりましたが、それもいつの間にかみぞれと変わってしまいました。ところで、春のお彼岸まではあと1ヵ月ちょっとなりましたが、そのころには寒さも和らぎフキノトウだって顔を出しているはずでございます。それまで今しばらくお待ちくださいませ。

大寒だというのに

   本日のべにばなメモリアパーク

昨日から今朝方にかけて珍しく雪が降りまして、当霊園内はこれまでと違って一瞬にして雪景色となりました。

  除雪車

とはいうものの重機を使ってまで除雪する必要もなく・・・。  一瞬にして解け始め

そのうち解けるだろうと思っているうち・・・予想通り、日が照り始めた途端その雪は一瞬にして解けてしまいました。そういえば今は一年のうちで最も寒い時期の大寒、それを過ぎればいよいよ立春でございます。なんだか今年は、春の訪れが早いような気がいたしますね。

永代供養塔の空き情報 その3

本日のべにばな霊園 

新たな年を迎えてからもう半月以上が過ぎましたが、相変わらず雪のない日々が続いておりまして、当霊園内には雪がまったくありません。おかげさまでといいますか、今冬は一度も除雪作業を行っておりません。

永代供養塔『やすらぎの塔』

それはさておき、当霊園では年明け早々から永代供養塔に関するお問い合わせが多数寄せられておりまして、その都度詳しくご説明申し上げているところでございます。

納骨室

その永代供養塔ですが、ロッカー式納骨室90室のうち78室がすでに契約済みとなりました。現在、永代供養をお考えの方はお早めにご相談くださいますようお願い申し上げます。

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195