猪突猛進

 当霊園にイノシシが現れるようになってからというもの、敷地のあちこちには無数の荒らした跡が残っておりまして、その数は増える一方で困り果てております。それじゃなぜそんなことをするかというと、イノシシはミミズが大好物でして、それを捕食するために土を掘り起こしているようでございます。

    罠を設置

そこでこの度、猟友会の皆さんがイノシシの罠を仕掛けてくれました。

    くくり罠

その罠というのがコレでして、『くくり罠』といいます。

    イノシシが逃げ去った跡

ところがその罠を仕掛けたはいいものの、まったくイノシシは掛かりません。というか、その罠に掛かっても簡単に外して逃げてしまうようです。

    またもやイノシシが荒らした跡

本日、園内を歩き回ってみたところ、今度は別の場所にまた荒らした跡が見受けられました。ということは、イノシシは罠を仕掛けた場所には近寄らずエサを探しているということ。それにしても、イノシシという動物はどうしてこう賢いんでしょうかね。そういや来年の干支は『亥(イノシシ)』でございますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 第一期 346区画永代使用受付中
    ご相談見学会開催中
    (午前9時から)
  • お問合わせ
    不明な点・見学等
    お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 〈管理事務所〉
    〒990-2231
    山形県山形市大字大森1515番1号
    TEL.023-687-4194
    FAX.023-687-4195